2Wayプライスとは?

2Wayプライスとは、投資家が注文を出すときに業者が売り(Bid)と買い(Ask)の2種類の取引レートを同時に表示することをいいます。

2Wayプライスで売買注文を出す際、ドル/円では、100.00-100.05(例)というような型式で表示されます。

安い方の100.00は投資家の売値、高い方の100.05は投資家の買値を指しています。

例では、投資家は1ドル=100円でドルを売ることができ、1ドル=100円5銭でドルを買うことができるということです。

2Wayプライスの最大のメリットは、業者による不当なレート操作を防げるというところにあります。

ドル/円が100.00-100.05 の場合では、売り(Bid)と買い(Ask)の差額の5銭が取引業者の利益になります。

この差額が大きいとより安く売り、より高く買うことになり投資家にとっては不利となってしまいます。

この差額が小さければ小さいほど投資家にとっては得なわけです。

業者が買いレートしか提示していないと、大きな差額を上乗せして買いレートを吊り上げていても売りレートがわからなければ投資家はそれが不当なのかを見分けることができません。

2Wayプライスで提示されていることは業者の取引レートの不正操作を防止することになるので、業者を選ぶときには、2Wayプライスで価格提示している業者を選びましょう。