ロスカットルールとは?

ロスカットルールとは、マージンコールが発生した後、決められた時刻が過ぎても状況が改善されない場合に投資家に不利なレートであっても強制的に反対売買を行い決済するもので、各業者が定めています。

ロスカットルールが適用される証拠金維持率は各業者によって違いますので、取引を行う前にロスカットルールの証拠金維持率を確認しておきましょう。